補助・助成を受けたい

    【追加公募】 令和4年度「ものづくり開発推進事業」の追加公募について

    目的

    令和4年度「ものづくり開発推進事業」について、令和4年6月24日(金)まで追加公募致します。

    募集する補助対象分野は介護支援関連分野を除く、(1)食関連分野、(2)健康福祉・医療関連分野、(3)製造関連分野、(4)IT関連分野 となります。

     

    <事業目的>

    札幌市の様々な産業をけん引する「重点分野」及び、札幌市産業全体の底上げが期待される「ものづくり分野」において、圏域内の中小企業者等が行う新製品・新技術開発(既製品の改良を含む)の取り組みを支援することによって、「さっぽろ連携中枢都市圏」の経済の活性化を図っていくことを目的とします。

    対象者
    下記の要件をすべて満たす中小企業等を対象とする。
    1.札幌市及び連携市町村(※)に本社を有する企業
    2.設立後1年以上経過し、事業を継続して実施する見通しがあること
    3.事業を実施するための経営資源、人材等を有していること
    ※連携市町村:小樽市、岩見沢市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村、南幌町、長沼町
    対象となる事業内容
    下記の分野における新製品・新技術の開発(既製品の改良を含む)に関する取り組みに対し、その経費の一部を補助
    (原則、実用化・事業化の可能性の高いもの)。
    1. 食関連分野
    2. 健康福祉・医療関連分野
    3. 製造関連分野
    4. IT関連分野
    5. 介護支援関連分野

     

    応募締切 応募期間:2022年5月24日(火)~6月24日(金)17:00必着
    採択予定件数

    ①対象分野1~4:

      札幌市内と連携市町村内企業合わせて 2件程度

    補助金額(限度額) 500万円以内/1件(千円未満切り捨て)
    補助率

    ①対象分野1~4:

       補助対象経費の2分の1以内(バリアフリー等に資する開発の補助率は3分の2以内)

    ②対象分野5:

      補助対象経費の3分の2以内

    事業実施期間

    補助金交付決定の日から令和5年3月10日(金)まで
    ※ただし、補助対象経費の支出については、令和5年2月末日までに支払を終えた経費を対象とします。

     

    対象経費
    • 事業を遂行するために直接必要となる経費

     旅費、報償費、原材料・消耗品費、人件費、通信・運搬費、機器リース料、機器購入費、施設及び設備等賃借料、外注費(調査・分析・加工、共同研究費など)、その他の経費(本事業の遂行に必要と認められる経費)

    注意事項
    • 国や道など、他の助成制度(補助事業、委託事業)等による財政的支援を受けている事業(予定を含む)については、交付申請を行うことはできません。なお、採択後に他の支援を受けていることが判明した場合は、交付の決定を取り消す場合があります。
    • 2020(令和2)年度、2021(令和3)年度の2ヶ年度続けて当該事業の交付を受けた事業者は、本年度の当該事業へ応募することはできません。
    • 本補助金の交付を受けた事業者は、同一年度かつ同一テーマで他の助成制度への交付申請を行うことはできません。
    • 申請書及び添付書類は返却しませんのでご了承ください。
    • 本事業では、申請書類の取り扱いは厳重に行います。
    • 採択案件の内容は、原則として一般に公表します。また、補助事業者に対しては、今後、補助事業の成果による売上を報告していただく(事業終了後5年間)ほか、財団が行う成果普及等の事業に対して協力して頂く場合があります。

    2022年度「地域食品加工施設活用モデル事業」の公募について <募集終了>

    目的

    道内食品の高付加価値化を図るため、地域の食品加工施設(北海道総合研究機構 食品加工研究センター 試作実証施設を含む)を有効活用した食品開発のモデル事業を支援する。

    対象者

    自治体・公設試験研究機関・農協・漁協などが運営する地域の食品加工施設を利用して、食品開発および商品化に取り組む事業者・グループ等。

    応募締切 2022年5月30日(月)必着
    補助金額(限度額) 30万円(千円未満切捨て)
    資料

    2021年度開発商品.pdf

    2022年度「地域産業クラスターものづくり支援事業」の公募について <募集終了>

    目的

    道内の産業クラスター研究会および地域活動グループが取組んでいる、地域の「強み」や「特色」を活かした『ものづくり』をとおして地場産業の振興に資する活動を支援する。

    対象者

    産業クラスター創造活動の趣旨に賛同し、産業クラスター活動に参加する以下の研究会・地域活動グループ等。

    • 地域産業クラスター研究会
    • 食クラスター活動等に取り組む地域のグループ(3事業者以上で申請)
    応募締切 2022年5月30日(月)必着
    補助金額(限度額) 50万円(千円未満切捨て)
    資料

    2021年度開発商品.pdf

    令和4年度「環境(エネルギー)技術・製品開発支援事業」の公募について

    目的

    「環境(エネルギー)分野」において「さっぽろ連携中枢都市圏」内の企業者等が⾏う技術・製品開発の取り組みを⽀援することにより、環境(エネルギー)関連産業の活性化や市⺠⽣活の向上を図っていくことを⽬的とします。

    対象者
    札幌市及び連携市町村(※)に所在する企業等、または、札幌市及び連携市町村内の企業を代表として、道内外企業等・大学等研究機関等により構成したコンソーシアム
    ※連携市町村:小樽市、岩見沢市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村、南幌町、長沼町
    対象となる事業内容

    環境(エネルギー)分野である省エネルギー、創エネルギー、蓄エネルギー、エネルギーマネジメント及びそれらを組み合わせたものにおける下記の取組みです。

    • 製品・技術・システムの開発及び実証実験
    応募締切 応募期間:2022年4月11日(月)~5月18日(水)17:00必着
    採択予定件数

    札幌市内・連携市町村内企業合わせて:2件

    補助金額(限度額) 1,000万円以内(千円未満切捨て)
    補助率

    補助対象経費の2/3以内

    対象経費

    事業実施に直接必要な費用とする。詳細は、応募要領を確認のこと。

    • 旅費、報償費、原材料、消耗品費、人件費、通信・運搬費、機器リース料、機器購入費、

      施設及び設備等賃借料、外注費(調査・分析・加工・共同研究費など)、その他経費

    問い合わせ先

    〒001-0021 札幌市北区北21条西12丁目 コラボほっかいどう
    ノーステック財団 ビジネスソリューション支援部 桑田、福山、町田
    TEL:011-792-6119

    E-mail:hcluster@noastec.jp

    令和4年度「ものづくり開発推進事業」の公募について

    目的

    札幌市の様々な産業をけん引する「重点分野」及び、札幌市産業全体の底上げが期待される「ものづくり分野」において、圏域内の中小企業者等が行う新製品・新技術開発(既製品の改良を含む)の取り組みを支援することによって、「さっぽろ連携中枢都市圏」の経済の活性化を図っていくことを目的とします。

    対象者
    下記の要件をすべて満たす中小企業等を対象とする。
    1.札幌市及び連携市町村(※)に本社を有する企業
    2.設立後1年以上経過し、事業を継続して実施する見通しがあること
    3.事業を実施するための経営資源、人材等を有していること
    ※連携市町村:小樽市、岩見沢市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村、南幌町、長沼町
    対象となる事業内容
    下記の分野における新製品・新技術の開発(既製品の改良を含む)に関する取り組みに対し、その経費の一部を補助
    (原則、実用化・事業化の可能性の高いもの)。
    1. 食関連分野
    2. 健康福祉・医療関連分野
    3. 製造関連分野
    4. IT関連分野
    5. 介護支援関連分野

     

    応募締切 応募期間:2022年4月11日(月)~5月13日(金)17:00必着
    採択予定件数

    ①対象分野1~4:

      札幌市内企業    4件程度

       連携市町村内企業 2件程度

    ②対象分野5:

      札幌市内と連携市町村内企業合わせて 2件程度

    補助金額(限度額) 500万円以内/1件(千円未満切り捨て)
    補助率

    ①対象分野1~4:

       補助対象経費の2分の1以内(バリアフリー等に資する開発の補助率は3分の2以内)

    ②対象分野5:

      補助対象経費の3分の2以内

    事業実施期間

    補助金交付決定の日から令和5年3月10日(金)まで
    ※ただし、補助対象経費の支出については、令和5年2月末日までに支払を終えた経費を対象とします。

     

    対象経費
    • 事業を遂行するために直接必要となる経費

     旅費、報償費、原材料・消耗品費、人件費、通信・運搬費、機器リース料、機器購入費、施設及び設備等賃借料、外注費(調査・分析・加工、共同研究費など)、その他の経費(本事業の遂行に必要と認められる経費)

    • 詳細な補助対象外経費については応募要領をご確認ください。
    注意事項
    • 国や道など、他の助成制度(補助事業、委託事業)等による財政的支援を受けている事業(予定を含む)については、交付申請を行うことはできません。なお、採択後に他の支援を受けていることが判明した場合は、交付の決定を取り消す場合があります。
    • 2020(令和2)年度、2021(令和3)年度の2ヶ年度続けて当該事業の交付を受けた事業者は、本年度の当該事業へ応募することはできません。
    • 本補助金の交付を受けた事業者は、同一年度かつ同一テーマで他の助成制度への交付申請を行うことはできません。
    • 申請書及び添付書類は返却しませんのでご了承ください。
    • 本事業では、申請書類の取り扱いは厳重に行います。
    • 採択案件の内容は、原則として一般に公表します。また、補助事業者に対しては、今後、補助事業の成果による売上を報告していただく(事業終了後5年間)ほか、財団が行う成果普及等の事業に対して協力して頂く場合があります。

    2022年度「医療機関ニーズ対応型開発補助金」の公募について

    目的

    医療機関等の現場における新たなニーズ及び現場における課題解決を目的とした研究開発・事業化を促進し、札幌市の産業を活性化することを目的とします。

    対象者
    以下のいずれかに該当する企業
    ① 札幌市内に本社を有する企業  ② 札幌市内に事業活動拠点を有する市外本社企業
     
    ※ 医療機関等と、共同研究グループまたは試験導入等を実施する協力関係を構築している、または構築を計画していること(申請時点では構築できていなくても可)。
    ※ 共同研究グループまたは協力関係を構築する医療機関等は札幌市外でも可。
    ※ 大学、試験研究機関、医療機関等は申請代表企業には該当しません。(共同研究グループに大学、試験研究機関を含むのは可)
    ※ 医療機関等とは、原則として、病院や診療所、介護事業所とする。
    対象となる研究開発
    医療機関等の現場従事者や患者等を取り巻く新たなニーズや課題を具体的に把握し、その解決を目的として、将来的な実用化・事業化を目指す技術・製品開発であり、医療機関等での試験導入や試作評価を実施または予定するもの。
    応募締切 令和4年(2022年)6月30日(木)18:00締切
    応募要領
    補助金額(限度額) 100万円以内

    2022年度「感染症対策医療・予防関連開発補助金」の公募について

    目的

    ノーステック財団・札幌市は、新型コロナウイルスを含む感染症の治療や予防において、医療機関等のニーズに合った新たな技術・製品の開発等を目的として、将来的な実用化・事業化を目指した企業の取組を補助いたします。

    対象者
     札幌市内に本社を有する中小企業
    ※ 共同研究グループを構築する場合は、共同研究グループは札幌市外も可とする。
     (共同研究グループに大学、試験研究機関を含むのは可)
    ※ 大学、試験研究機関は申請代表企業には該当しません。
    対象となる研究開発

    新型コロナウィルスを含む感染症の治療や予防において、医療機関等のニーズに合った新たな技術・製品の開発等を実施するもの。

    (例)・感染症の治療:創薬、検査キットの開発、感染症の作用機序解明等

        ・感染症の予防:ワクチン開発、予防製品、流行予測システムの開発等

    応募締切 令和4年(2022年)5月26日(木)18:00締切
    応募要領
    補助金額(限度額) 1,000万円以内 (補助対象経費の10/10)

    2022年度「再生医療・関連産業補助金」の公募について

    目的

    ノーステック財団・札幌市は、札幌における先端的な研究を生かした医療関連産業の活性化を目指して、札幌市内の再生医療分野における新規事業創出を目指す企業の取組を補助いたします。

    対象者

    札幌市内の再生医療分野における新事業創出を目指す、下記のいずれかに該当する企業

    ①札幌市内に本社を有する中小企業

    ②札幌市内に本社を有する大企業、または札幌市内に事業・営業活動の拠点を有する市外本社企業

    ※なお、札幌市外に本社を有する企業が申請する場合は、道内の大学・研究機関との連携を必須とします。

    対象となる研究開発

    再生医療分野における産学等が連携する開発などで、将来的な実用化・事業化を目指す研究開発

    応募締切 令和4年(2022年)5月26日(木) 18:00締切
    応募要領
    補助金額(限度額) 500万円以内

    2022年度 若手研究人材・ネットワーク育成補助金(ノースタレント補助金)

    目的

    将来の北海道の科学技術力の強化及び新産業創出に向け、研究者の人材育成及びネットワークの形成の視点から、若手研究者の独創的な研究への支援を行います。

    対象者

    北海道内の試験研究機関(大学、民間等)に所属する40才以下の若手研究者
    ※大学等研究機関の場合、ポスドク以上(博士研究員・助教・講師等)を対象とし、学生は不可とします。

    応募締切 ◆2022年5月19日(木)18:00締切
    応募要領
    補助金額(限度額) 40万円/1件

    2022年度 札幌ライフサイエンス産業活性化事業/研究シーズ発掘補助金(札幌タレント補助金)

    目的

    札幌の将来を担う研究者の優れたシーズを発掘・支援し、地元企業とのネットワーク形成につなげることを目的とします。

    対象者

    札幌圏の大学・試験研究機関等(民間を含む)に所属する40才以下の若手研究者
    ※札幌圏:札幌市、小樽市、江別市、石狩市、余市町、千歳市、恵庭市、北広島市、南幌町、長沼町、当別町
    ※大学等の場合、ポスドク以上(博士研究員・助教・講師等)を対象とし、学生は不可とします。
    ※地方公共団体の試験研究機関・病院は不可とします。

     

    • ノースタレント補助金(※)に応募される場合でも、本補助金に申請可能です。 但し、本補助金との重複した採択はありません。
    応募締切 2022年5月19日(木)18:00締切
    応募要領
    補助金額(限度額) 40万円以内/1件

    2022年度 イノベーション創出研究支援事業/産学連携創出(スタートアップ研究)補助金

    目的

    発展的な産学官共同研究や事業化を志向する基礎的・先導的な研究等を推進します。

    対象者

    北海道内の企業と大学・公設試験研究機関等に所属する研究者で構成された共同研究グループ

    1. 北海道内に事業拠点を有する企業の参画が必須です。
    2. 研究代表者(管理責任者)は、大学など試験研究機関等に所属する研究者又は中小企業者とします。
    応募締切 2022年5月19日(木) 18:00締切
    応募要領
    補助金額(限度額) 200万円以内/1件

    2022年度 札幌ライフサイエンス産業活性化事業/事業化支援補助金(健康・医療分野)

    目的

    産学連携・医工連携によるライフサイエンス分野の研究開発の事業化を促進し、札幌市の産業を活性化することを目的とします。

    対象者
    札幌市内企業(※1)と北海道内(※2)の大学・医療機関等(※3)の研究者等(※4)で構成された共同研究グループ
     
    ※1)本社・研究所・工場など、研究開発・試作・製造を行う体制・人員を有する事業活動拠点があること。(営業の拠点のみである場合は原則として不可)
    ※2)札幌市内企業が代表者となる場合は、道外の大学等との共同研究グループも対象とする。
    ※3)大学、試験研究機関、医療機関とし、地方公共団体の試験研究機関・病院は経費を使用しない限り可とする。
    ※4)ポスドク以上(博士研究員・助教・講師等)、医師・医療関係者とし、学生は不可とする。
    応募締切 2022年5月19日(木)18:00締切
    応募要領
    補助金額(限度額) 300万円以内/件

    2022年度 イノベーション創出研究支援事業/研究成果展開(発展・橋渡し研究)補助金

    目的

    次代の北海道にとって有用な新技術の創出や地域産業の振興につながる可能性が高い研究開発を推進します。

    対象者

    北海道内の企業と大学・公設試験研究機関等に所属する研究者で構成された共同研究グループ

    1. 北海道内に事業拠点を有する企業の参画が必須です。
    2. 研究代表者(管理責任者)は、大学など試験研究機関等に所属する研究者又は中小企業者とします。
    応募締切 2022年5月19日(木) 18:00締切
    応募要領
    補助金額(限度額) 400万円以内/1件

    コラボほっかいどう共同研究等促進補助金

    目的

    大学等と企業との連携の充実・加速化、新事業・新商品・新サービスの創出を図り、コラボほっかいどうで実施される大学等との共同研究及び成果の事業化に係る費用の一部を補助します

    対象者

    コラボほっかいどうの利用承認を受けている個人、事業者(利用申請中を含む)のうち、3年以上継続して入居し、共同研究を実施する見込みがある方

    補助金額(限度額) 上限600,000円/年、補助率10/10、最大3年間まで補助
    問い合わせ先

    ノーステック財団 総務企画部

    TEL:011-708-6525 FAX:011-708-6529